佐竹台小学校 PTA委員紹介 2020

「PTAって大変そう」「実際なにをしているの?」そんな話をよく聞きます。
事実と違うことが噂となって流れていることもたくさんありますよね。

噂や間違った情報をもとに、どの委員をしようか?と考えるのは、時間がもったいない!

できるだけわかりやすく、実際に委員をされた方の声を大事にして情報を発信したいと思い、PTA実行委員一同、心を込めて制作しました。

我が子が通う小学校のPTAについて、考えてもらうお手伝いがちょっとだけできれば幸いです。

PTA活動の現場の声、集めました!

女性1

共働き世帯が増え、生活スタイルが変化する中、PTA活動もシンプルなものに変わりつつあるなぁ、と感じました。

女性2

忙しい時期もあったけど、素敵な先生方、他校や他学年のお母さんたちとの交流も、想像以上に楽しかったし、視野が広がった!!

女性3

夏祭り、市民体育祭、餅つき大会など子ども達が楽しみにしている地域行事は、企画から全て地域の皆さんが中心となり開催されていることを知りました!

女性4

家族が自分の学校に関わってくれることを、子どもがとても喜んでくれたのが思いがけないご褒美でした。

男性1

多様化、情報化(IT化)が急速に進む時代だからこそ、PTAの存在がこれからますます重要なのでは…?と感じた。

男性2

登下校時の見守り活動、青色防犯パトロール、太陽の広場のフレンドさん、土曜開放事業の管理人さんなど・・・様々なところで、子ども達は地域の方々に支えられているんだなぁと思いました。